カメラとの出会い(小学校〜中学校時代)

私と写真、あるいはカメラとの出会いは、オートバイよりも10年ほど前のことです。初めて自分でシャッターを押したのは、オリンパス・ペン。フルマニュアル、レンズシャッターの、ハーフサイズの名機と呼ばれたカメラです。親父に借りたオリンパス・ペンにフジフィルムのネオパンSS(ASA100のモノクロ)を入れ、小学校3年の遠足に持っていきました。

シャッター速度は125、絞りは晴れなら11、曇りなら8、あとは目測で距離を合わせて…と、親父に教えてもらったまま、遠足の行き帰りに乗った電車、行った先の景色、友達の集合写真などを撮ってきました。

鉄ちゃんになったのは、その直後のことです。一駅だけ近鉄に乗って通学していたのと、父の弟が国鉄、母の姉婿が近鉄に勤めていたのと、父の実家が国鉄関西本線加茂駅の近くにあった、などなど、鉄道に興味を持つ条件は揃っていました。そんな私が、鉄道写真を撮るようになったのは、きわめて自然のなりゆきだったと思います。

中学時代の私は、鉄一色といっていい生活を送っていました。撮影はほとんどSL。それも車両写真よりは“SLのある風景写真”が中心。キネマ旬報社刊行の“蒸気機関車”(創刊時は季刊、のちに月刊化)や鉄道ファン誌などの影響です。毎週末のように親父の実家に行き、D51牽引の貨物列車(多くは後補機付き)や荷物列車を撮っていました。

SLだけでなく、各地の非電化私鉄やナローゲージにも興味を持つようになり、高校時代の前半にかけて、井笠鉄道、北丹鉄道、尾小屋鉄道、浜中町営簡易軌道、津軽鉄道などに、一人で、あるいは家族といっしょに撮影行を繰り返していました。

カメラは、中学1年までがオリンパス・ペン、その後叔母からもらったミノルタ(機種不明の非一眼レフ)、そして中学3年以後は叔父からもらったキヤノンFT+FL50mm F1.8とFL100mm(F値忘却)。それに高校に入ってから母に買ってもらった中古のキヤノンFTbとFD100-200mm F5.6、FD28mm F3.5を加えたラインアップは、その後10年以上変わりませんでした。

ただ、小学校〜中学校の頃の私は、鉄道写真を撮るとはいっても、撮り終わったフィルムを何ヵ月も放置していたり、プリントするといってもサービス版だけで、それを束ねて箱に入れるのが唯一の整理…といったありさま。とにかくシャッターを押せば満足していた時代です。

鉄研がなかったので写真部へ

小学生の頃から、大きくなったら部活は鉄研…と決めていたのに、私が入った高校には鉄研がありませんでした。そこで選んだのは写真部。昼休みと放課後は暗室に籠り、休みの日には撮影に出かけるという日々が続きました。

撮影対象は、もちろんSL。当時はまだ山陰本線にも関西本線にもSLが走っていましたから、被写体には事欠きませんでした。が、当時の高校の写真部ってのは、芸術派と技巧派のどちらかが尊ばれ、鉄道写真などは軽視する風潮がありました。1学期に1回程度の、写真部合同の撮影会なども、目的地は神社仏閣、テーマパーク、田舎の集落などが中心でした。

写真部に入ってからも、ほとんど鉄道写真にしか興味のなかった私が、風景や物を撮るようになったのは、高2になる春休みの北海道SL撮影行がきっかけでした。学割で7千数十円の“北海道均一周遊券”を買い、予定では道内にいる12日間すべてをSL撮影に費やすはずだったのですが、爆発的なSLブームのおかげで、どこに行ってもマニアの列。おかげで、人と同じことをするのが嫌いな私は、途中でSL撮影に見切りをつけ、ふらりと礼文島に渡りました。

稚内から船に乗り、礼文島の香深に着いた私は、そこからバスで船泊まで行くつもりでした。ところが、ストライキのため、その日のバスは運休。仕方なく、私は、香深から船泊まで約20km、海沿いの道を歩くことにしました。

今も使っているアルミ張りのカメラバッグと、着替えの入った小型の柳行李と、中型の三脚を縛りつけた約20kgの背負子を背負って、よくまあ20kmも歩いたものです。しかし、このとき、まったく疲れを感じることなく、楽しんで歩ききれた自信は、その後の私の人生に、身体面でも精神面でも非常に大きなプラスになりました。

歩きながら、いろんな写真を撮りました。海、山、道路、小川、民家、商店、おばさんたち、子供たち…。なかでも、海(というより浜)の景色とおばさんたちと子供たちは、これからも機会があれば撮り続けたい、魅力あふれる被写体だと感じました。

そして、高校2年の夏には、京都府北部の丹後町間人へ、生まれて初めて、鉄道以外の写真を撮るために出かけました。このときに撮った写真と、その被写体を取り巻くシーンは、今でも鮮明に覚えています。いわゆる風景写真には興味がなく、漁港を中心に、朽ちかけた釣り船、木製の縦軸型手動ウインチ、漁師や船大工など、たくさんの物と人を撮りました。

それらの写真は、最初、秋の学園祭の写真部展に出品しようと思っていたのですが、1人当たりの出品可能点数が限られているのが不満でした。そこで私は、生徒指導部の先生や生徒会の学園祭実行委員などと交渉の末、個展のために教室を1つ確保するとともに、制作費を生徒会から援助してもらう約束をとりつけました。人との交渉が苦手だった当時の私にとって、これは非常に良い経験であり、自信もつきました。

厳選した約30カットを全紙にプリントし、パネルに貼る作業。展示用に、角材を組んだフレームに色模造紙を貼ったボードを作る作業。ボードにパネルを取り付け、教室の天井から吊る作業。二学期の昼休みと放課後は、ほとんど個展のために学校にいたような感じです。

個展は盛会でした。でも、それはどうでも良いことでした。自分の力と、それを育て、発揮させてくれる恵まれた環境。この両方に気がついたのが、最も大きな収穫だったと思います。

中断後、取材用にラインアップを再構築

ところが、高校卒業とほぼ同時にオートバイと出会い、その魅力に取り憑かれてから、ほとんど写真を撮らなくなりました。1984年に半年間ヨーロッパに行ったときでさえ、持って行ったのはキヤノンFT+FL50mmだけ。しかも、自由な時間が少かったため、海外初体験にもかかわらず、半年間で10本ほどしか撮りませんでした。

ところが、メカニックを辞めてライターに転職したのをきっかけに、もうちょっとマトモな撮影機材がほしくなりました。そのとき買ったのは、中学時代からの憧れだったキヤノンF-1。知らない間にモデルチェンジをしていたNew F-1のほうです。それと、35-70mmと80-200mmのズームレンズ、そしてNew F-1専用の299Tというストロボ。とりあえずこれだけあれば、スナップ写真を撮るには十分でした。

しかし、まもなく、というか、上記のセットを買うとほぼ同時に、昔の虫が騒ぎ出しました。35-70mmはすぐに35-105mmに替わり、続いて80-200mmが200mmのF2.8と135mmのF3.5に。翌年にはT-90と300TLを加え、取材と称してヨーロッパを1ヵ月間回ってきました。

その後、1990年からは二輪のロードレースGPの取材をするようになり、最盛期には、ボディがNew F-1とT-90、レンズは20mm、24-35mm F3.5L、55mm F1.2SSC、70-210mm、85mm F1.2L、200mm F2.8、300mm F2.8L、そして、スナップショット用のコンタックスT2というラインアップとなりました。

レースの取材には、上記ラインアップ中のボディ2台とレンズ3本(24-35、85、300)は常に持って行き、写真もたくさん撮りましたが、私の本業はライターであってカメラマンではありません。ただ、元がメカニックですから、レーシングマシンやそれに使われている珍しいパーツなどの写真は、カメラマンに頼んで撮ってもらうより、自分で撮ったほうが、早く、確実に、狙いどおりの写真が撮れるので、最初はほとんどマシンの写真しか撮りませんでした。(以下未完)




1993年12月号から1994年2月号まで、3号連続で某誌の表紙を飾る。取材経費節減のためか、試乗会やシーズンオフのテストにはライター兼カメラマンとして取材に行く機会が増え、そのときに撮ったのが下の2点の表紙写真です。横の2点は、記事中に使った写真の中で思い出深いもの。キヤノンのレンズとコダクロームの組み合わせならでは…ともいえそうですが、誌面のレイアウトを考えながら撮るのもまた楽しいものです。

下右の写真は、切り抜きではなく、トリミングもほとんどしていません。冬の鈴鹿サーキットでは、夕方の一瞬だけですが、丘の影が路面を覆い、しかし路面よりも数cm以上のところには日が当たる時間があります。その瞬間を狙い、S字カーブの脇の丘の斜面から、500mmを斜めに構えて撮ったのがこれ。“表紙に使えるような写真も撮ってこい”と言われたので、タイトル文字が入るように撮ったのですが、残念ながら、表紙は左の写真になりました。




Back to Home Page of Europark.com
Back to Home Page of Europark.com